21世紀型経営

21世紀

価値観から信頼関係

20世紀は、高度化・複雑化した文明社会を形成し、人類史上比類なき発展と成熟をもたらしました。
その一方で、教育の荒廃、犯罪の増加、政治の混乱、経済の低迷、国際化・情報化への対応といった新たな問題を残し、21世紀の幕開けとともに私達はその解決方法を迫られています。
私達は世の中にある多様な価値観の中から、各人の自由意思によってどの様な価値観をも選択できる、いわば「価値観選択の自由」を保証されています。
その中で、自己の権利を最大限に主張することを是とする価値観を選択した場合、それは「個人主義」転じて「利己主義(ego)」を助長する危険性を有しています。

例えば、身近なものでは個人エゴに始まり、家族エゴ、企業エゴ、団体エゴ、地元エゴ、地域エゴ、行政エゴ、政治エゴ、そして大きなものでは国家エゴに至るまで、自己の立場のエゴのみを強く主張することによって、その存立が図られるということが今日至るところで行われております。

その根底にある思想や考え方が、「自分さえよければ、他人はどうなってもよい」という自己中心性(利己主義)にあるため、立場の異なる者との間でコミュニケーションを図ることができず、その結果、
①相互理解と信頼関係を構築することが困難となり、
②協力関係や共存、すなわち異なる価値観を受け入れことによって生まれる新たな成長や飛躍、さらなる価値創造を困難ならしめ、
③近きは家庭や職場や学校の人間関係から、遠きは行政・政治・国家間の関係に至るまで、ある種の非効率や閉塞状態を惹起していると言っても過言ではありません。

人と人とのコミュニケーションは、信頼関係という強固な基盤の上に立って初めて、大きな成果をおさめることができるからです。
「信頼」これこそが、21世紀における最も重要なキーワードではないかと思います。

親と子の信頼、夫婦の信頼、家族の信頼、上司と部下の信頼、職場の信頼、
先生と生徒の信頼、地域社会の信頼、行政と住民の信頼、国家と国民の信頼。

社会全体の中にこれらを醸成していくためには、まず、私達の脚下に焦点を当て私達の日常生活の中にある極めて基本的な事柄を見つめ直し、さらにこれを、 ご縁があってかかわりを持たせて頂くこととなった社会へと拡大していくことで、問題解決の糸口が開けるように思います。

トップへ戻る